私がアスタリフトに出会ったのは・・・

34歳で保育士をしております。ユキと申します。

 

保育士の仕事は楽に見られがちですが、毎日たくさんの活発な子供たちと遊ぶのはかなりの体力が必要で、夏場なんかは日焼けし放題という感じで走り回っています。年も年のなので、若い人に任せられるところは任せていますが、やはり日焼け止めはかかせず、ただ塗っても汗で流れてしまうので、ちゃんとお肌が守れているかは疑問でした。

 

さらに私は冷え性なので冷房が苦手なのですが、小さな子供たちは汗かきなので、室内では1日冷房をかかすことがありません。その為、先生冷たいと私の顔や手足を触った子供たちから言われ、元々乾燥肌である私の肌の乾燥はさらにすすみ、夕方になると笑ってしわが寄った部分からどんどんファンデーションが剥がれていくような気さえします。

 

そんなある日、私の似顔絵を描いてくれると3人の子供たちに言われ、キレイに描いてねと冗談を言いつつも黙って絵のモデルをしていたのですが、描いてくれた絵を見て、少しショックを受けました。3人中、2人の子供の絵に、まるでトレードマークかのように、はっきりと、目元にしわが描いてあったのです。しかもそれを見て、似てる〜と他の子供たちや先生たちにも何気なく言われ、そんなにこのしわ、目立っていたんだと気付かされました。せっかくプレゼントしてもらった絵ですが、あまりに大々的に描かれたしわが恥ずかしくて、誰かに見せることも、飾ることも出来ません。

 

後悔先に立たずとはまさにこのことを言うのだと思いました。日々あれだけ肌に色々な負担がかかっていたことを自覚していたはずなのに、こんなにくっきりと形となって表れるようになるまで放っておいていたのですから。

 

もう34歳ですが、まだ、34歳。頑張れば取り戻せるのではないか、半ば躍起になって、私の肌の回復への手助けをしてくれる化粧品はないかと探し始めることにしたのです。
そしてアスタリフトに出会いました。

 

ダブルの赤いチカラで感動のハリ実感!アスタリフトお試し1,000円+税